やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2020/10/13
海外テレワーク勤務者へ支払う給与への所得税の課税の有無

[相談]

 当社は、昨年度の人材採用計画において、アメリカ在住のアメリカ人研究者を招聘して日本本社で雇用し、日本で新製品の研究開発を行ってもらうこととしておりました。
 しかし、このたびの新型コロナウイルス感染症拡大の影響でそのアメリカ人研究者の来日が困難となったため、代替策として、その者と雇用契約を締結したうえで、当社のためにアメリカ国内において開発予定の製品に関する情報収集活動等を行ってもらっています(なお、業務報告や勤怠管理は、電子メールやオンライン面談および専用システムを用いて行っています)。
 そこでお聞きしたいのですが、このアメリカ人従業員に対して当社が日本から支払っている給与は、所得税の課税対象となるのでしょうか。


[回答]

 ご相談の給与については、所得税の課税対象にはならないと考えられます。


[解説]

1.「居住者」と「非居住者」の区分の違いによる、所得税の課税範囲の違い

 所得税法上、「居住者(※1)」には、その所得が生じた場所が日本国内・日本国外を問わず、全ての所得に対して所得税が課税されることと定められています(全世界課税)。

 一方、「非居住者」には、日本国内において生じた所得(国内源泉所得※2)に限って、所得税が課税されることと定められています。

  1. ※1 所得税法上の「非永住者」については、国内源泉所得及び国外源泉所得で国内において支払われ、又は国外から送金されたものに対して所得税が課税されます。
  2. ※2 国内源泉所得には、給与等のうち国内において行う勤務等に基因するものが含まれています。

2.所得税法上の非居住者の定義

 上記1.のうち、「居住者」とは、「国内に住所を有し、又は現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人」をいうものと所得税法で定められています。

 これに対し「非居住者」とは、「居住者以外の個人」をいうものと定められています。

 今回のご相談の場合、アメリカ人従業員は現時点において日本国内に住所を有していないこと等から、所得税法の非居住者に該当するものと考えられます。

 このため、そのアメリカ人従業員の所得については、国内源泉所得に限って我が国の所得税が課税されることとなりますが、その勤務はアメリカ国内(日本国外)において行われているとのことですので、その勤務に対して支払われる給与は所得税法上の国内源泉所得には該当せず、所得税の課税対象にはならないものと考えられます。


[参考]
所法2、5、7、161など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



家賃が供託された場合の収益計上時期2020/10/06
会社が支出した社宅の礼金の消費税法上の取扱い2020/09/29
雑誌の購読費用を年払いした場合の、短期前払費用の適用可否2020/09/22
持続化給付金についての、消費税法上の取扱い2020/09/15
事業年度終了の日に雇用調整助成金の交付額が未確定の場合2020/09/08
新型コロナの影響により開始した弁当販売と、消費税簡易課税制度の事業区分2020/09/01
新型コロナの影響により開始した弁当販売と、消費税軽減税率2020/08/25
ひとり親世帯臨時特別給付金への所得税の課税の有無2020/08/18
米国人従業員を国内採用した場合の、源泉所得税の徴収と納付2020/08/11
家賃支援給付金への、所得税の課税の有無2020/08/04
支援対象が拡大された持続化給付金の所得税法上の取扱い22020/07/28
テレワーク設備を新たに導入した場合に活用できる、税制上の優遇措置2020/07/21
支援対象が拡大された持続化給付金の所得税法上の取扱い2020/07/14
新型コロナウイルス感染症関連で地方独自に支給される給付金と、所得税2020/07/07
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金への、所得税の課税の有無2020/06/30








ブログバナー 




 




メルマガ購読申し込み
(無料)


↓ ↓